ちょっと変わった御飯を食べてみた

採ったり釣ったり育てたり調理したり。

日記

煎りゴマからゴマ豆腐を作って食べてみた

2016/05/31

「ゴマ豆腐って自分で作れるの!?」

という訳で、実際に作ってみました。
ゴマ豆腐というのは精進料理のひとつで、大豆を原料とする豆腐とは異なり、ゴマと葛粉でつくります。
大変手間がかかる料理で、調理自体が修行のひとつとなっているようです。

ネットでゴマ豆腐のレシピを調べると、練りゴマペーストを使って簡単に作れるものがたくさんありますが・・・
ここはひとつ。煎りゴマを擦るところから始めたいと思います。

今回は、黒い煎りゴマを使います。
すり鉢に入れて・・・ゴリゴリ。

する前

する前

ひたすらゴリゴリ。
ゴマの油が出てきたのか、ねっとりしてきました。まだまだ続けます。

途中

途中

同じようにゴリゴリしていてもすり鉢の目が詰まってしまうので、すりこぎをねじ押し当てるようにしてみました。しばらくすると、だいぶ練り練り状態に!

練り練り

練り練り

約1時間ほどでしょうか。2人で交代しながらひたすら練りました。いやぁ、これは大変な修行だわ。

では、次に練ったゴマとだしと葛粉を混ぜ合わせます。
混ぜた後に布で漉すようですが、我が家には適当な布がありませんでしたので、練ったゴマを茶こしで漉しながら混ぜていきます。
混ぜ混ぜ
茶漉しに残ったゴマのカスは、お野菜と和えて美味しく頂きました。

さて、お鍋に移して、加熱していきます。
ヘラで混ぜながら弱火で加熱していくと・・・
とろみが出てきたゴマ豆腐のもと
とろみが出てきました。写真では分かりづらいかもしれませんが、ヘラで混ぜた後がしばらく液面に残っています!

器に移して、冷やしたら出来上がり!
ゴマ豆腐

すげー!ゴマ豆腐だ!!
ぷっちんゴマ豆腐

では一口・・・うわっ!ゴマだ!!!!!
ゴマらしさがぐっと濃縮されたような濃厚さ!
市販のゴマ豆腐はあっさりツルっと食べられる感じですけど、今回は葛粉が少なかったのか、とろぉりクリームな舌触り。

あまりに濃厚なので、一つのカップを二人で分けるくらいがちょうどいいかもしれない。
擦るが大変だった分、美味しさもひとしおですね。

これからは夏の季節。ツルっとしたものが食べたくなる頃なので、次は葛粉を多めにしてつくろう。
ひとまず、修行を体験できたので、リベンジする時は練りゴマペーストを使おうと思います(笑

ぷるるん

ぷるるん


スポンサードリンク





-日記