ちょっと変わった御飯を食べてみた

採ったり釣ったり育てたり調理したり。

日記

「いさざのじゅんじゅん」をつくってみた

2016/04/11

「いさざ」ってご存知ですか?
「いすず」じゃないですよ、それは自動車です。

こんな魚です。体長5cmくらい。琵琶湖にしかいないハゼです。
いさざ

今日は琵琶湖の北の方に白鳥を見に行きました。
ついでに立ち寄った産直にて、いさざに出会い、衝動買い。
いさざ

どっさり入って200円、安い!
これだけあってもどう調理したらいいか分かりませんぞ。

産直にはオススメのレシピ集が置かれていましたので、その中から一つ。
「いさざのじゅんじゅん」を選びました。
(他には、いさざ大根、いさざ豆などがありました。)

「じゅんじゅん」というのは、滋賀の言葉で、すき焼き風のお鍋のことだそうです。
いさざに限らず、ウナギや牛肉でもじゅんじゅん鍋にするそうです。
ウナギのじゅんじゅんも食べてみたいですねぇ。

作り方は、いさざを水で軽く洗い、沸騰したお湯で茹でる。
いさざに火が通ったら、味見しつつ醤油とお砂糖を入れる。
美味しいと感じたら、他の具材(ネギとか豆腐とかいろいろ)を入れる。
ぐつぐつ煮込んで、完成!

すき焼きというと濃い味付けのレシピが多いのですが、
いさざの風味を味わいたいと思い、醤油とお砂糖を少なめにしてみました。

出来上がったのがコレ。

出汁がすっきりとして美味い

出汁がすっきりとして美味い


これ、ほんと美味しいですよ!!!
何が美味しいって、出汁が美味しいんです!
いさざの出汁は、上品ですっきりしていて、香りがとても良い。
できれば一度、調味料を入れずに、出汁だけで味わっていただきたい。
味付けの醤油とお砂糖も控え目にした方が、素材の旨味を味わえます!

頭も骨も丸ごと食べられるので、栄養価もバツグンです。
もう一度食べたい鍋に認定です!


スポンサードリンク





-日記